スナイデルビューティーのアクアジェムグロウ08・10とルージュスナイデル17、リップケアスティック05をレビュー

2021年3月にデビューしたコスメブランド・スナイデルビューティー。

わたしは悩みに悩んだ結果、絶対に使うブラウン系アイテムに絞って予約していました。

  • アクアジェムグロウ 08 Chai Latte, 10 Bittersweet
  • ルージュ スナイデル 17
  • リップ ケアカラー 05

これら4アイテムについてレビューしていきます。

ひよぞう
ひよぞう

4色それぞれ異なるニュアンスのブラウンでした

スナイデルビューティー アクアジェムグロウ 08 Chai Latte, 10 Bittersweet

7g、3,080円(税込)

みずみずしいニュアンスを軽やかに演出。ぷるんとタッチすれば、ぴたりと寄り添い、体温や息づかいまで表現するマルチカラー(スナイデルビューティー公式サイトより)

ルージュスナイデル 16 Intelligence
リップケアカラー 05 Weekend

いずれも3,080円(税込)

気分やシーンと共鳴しながらエスプリの効いたムードをまとい、私だけの美しさを語るルージュ(スナイデルビューティー公式サイトより)

とろけるテクスチャーでトリートメントしながらほんのり色づく美容液のようなリップカラー(スナイデルビューティー公式サイトより)

スナイデルビューティーはマッシュビューティーラボが2021年3月にオープンしたコスメブランド。ファッションブランド・スナイデルから派生した姉妹ブランドです。全国のスナイデルビューティー店舗もしくは公式サイトで購入することができます。(ファッションブランド・スナイデルの店舗では販売していません。)

マッシュビューティーラボといえばコスメキッチン!セルヴォーク!to/one!コスメ好きに人気のショップやブランドが目白押しです。新ブランドへの期待も高まる。

スナイデルビューティーのコスメは天然由来成分をたっぷり配合したナチュラル処方。人にも環境にもやさしい製品を展開しています。一部は石けんオフ可能です。

今回紹介するポイントメイクアイテムにとどまらず、下地やクッションファンデなどのベースメイク、クレンジングオイルや化粧水などのスキンケア、果てはメイクブラシなどのツールまで。ブランド立ち上げ時点で計85アイテムが出揃いました。すごい気合いだな。今後もラインナップは拡大していくそう。

アクアジェムグロウは全10色。今回紹介する08と10のように発色が強いカラーから、ハイライトでも使えるパールたっぷりのカラーまでバリエーションはさまざま。アイ・チーク・リップにマルチに使えます。

ルージュスナイデルは全17色。初っ端から17色ってすごいな。今後さらに増えていくんだろうか。モードなのに美人見えを叶えるカラーが揃ったルージュです。

リップケアカラーは全6色。オレンジ〜ピンク〜パープルまで、幅広い色みが網羅されています。シアーな発色で美容液のようなうるおいを纏います。

全成分はタップすると表示されます。アクアジェムグロウは石けんオフ可能。シリコン・合成香料・動物由来成分・紫外線吸収剤・アルコール・パラベン・鉱物油・色素沈着フリーとなっています。

08 Chai Latte
水、BG、グリセリン、ベヘニルアルコール、カンテン、セテアリルアルコール、水添レシチン、エチルヘキサン酸セチル、スクワラン、デヒドロ酢酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、イソステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、トコフェロール、アルガニアスピノサ核油、月見草油、ホホバ種子油、ザクロ花エキス、ジイソステアリン酸ポリグリセリルー3、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、酸化チタン、酸化鉄、マイカ、赤226、グンジョウ、水酸化Al、硫酸Ba、酸化スズ

10 Bittersweet
水、BG、グリセリン、ベヘニルアルコール、カンテン、セテアリルアルコール、水添レシチン、エチルヘキサン酸セチル、スクワラン、デヒドロ酢酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、イソステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、トコフェロール、アルガニアスピノサ核油、月見草油、ホホバ種子油、ザクロ花エキス、ジイソステアリン酸ポリグリセリルー3、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、酸化鉄、マイカ、酸化チタン、赤226、グンジョウ、水酸化Al、硫酸Ba(スナイデルビューティー公式サイトより)

16 Intelligence
トリエチルヘキサノイン、フィトステロールズ、ヒマワリ種子ロウ、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ホホバエステル、キャンデリラロウ、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、ザクロ花エキス、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3、クロヨナ種子油、オレンジ果皮油、パルマローザ油、ビターオレンジ花油、(+/ー)リンゴ酸ジイソステアリル、ジイソステアリン酸グリセリル、マイカ、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、シリカ、酸化スズ、ホウケイ酸(Ca/Al)、ホウケイ酸(Ca/チタン)、硫酸Ba、ロジン、赤104(1)、赤201、赤202、黄4、青1(スナイデルビューティー公式サイトより)

05 Weekend
リンゴ酸ジイソステアリル、トリエチルヘキサノイン、フィトステロールズ、ヒマワリ種子ロウ、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ホホバエステル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、キャンデリラロウ、シリカ、ミツロウ、エチルヘキシルグリセリン、ジイソステアリン酸グリセリル、トコフェロール、シア脂、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、ザクロ花エキス、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3、クロヨナ種子油、月見草油、オレンジ果皮油、パルマローザ油、ビターオレンジ花油、(+/-)マイカ、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、硫酸Ba、ロジン、赤104(1)、赤202、黄4、青1(スナイデルビューティー公式サイトより)

外観

まずは単色アイシャドウから。ガラス製のジャーです。ずっしり重い。

これは08です

指に取ってみた。アイシャドウの表面を真上から押すとフニフニしている。これが公式の言う「寒天ベースのユニークなテクスチャー」というやつなのね。

指に取ると、ムースのようなテクスチャーです。

リップのパケは鏡面仕上げ。指紋や写り込みが目立って写真が綺麗に撮れず、コスメ垢には辛い仕様。

蓋に弱い磁石が入っています。磁石がくっつくおかげで、蓋にリップ本体を立てかけた状態で固定されるので写真が撮りやすい。前言撤回、コスメ垢に優しいパッケージだった。

左のゴールドがルージュスナイデル、右のローズゴールドがリップケアカラー。こちらのパケは意外と重くない。

ルージュスナイデル17とリップケアカラー05

腕にスウォッチ

4つまとめてスウォッチしていきます。

室内の自然光で撮影。まずは1度塗りから。

お次は2度塗り。

そして3度塗り。

今度は屋外で撮影した3度塗り。

それぞれの色を説明していきます。

アクアジェムグロウ08は、ソフトなローズブラウン。肌になじみのいい色です。10はダークなやや青みのブラウン。ブラウン=赤+青+黄で成り立っているわけですが、この3要素の中では青が優勢。どちらの色もブルベ向き

ルージュスナイデル17は、赤みの強いブラウン。いちごジャムにチョコレートソース少々を混ぜたような色。ブラウンっちゃブラウンだし、世間でブラウンリップと言われるのも理解できるんですが、個人的にはこれは赤リップだと思うなあ。ダークブラウンリップ好きとしては、アクアジェム08、10のような色こそをブラウンと呼びたい。素の唇の色もうっすら透けるし、ブラウンリップが苦手でも使いやすいと思う。どちらかと言えばイエベ向きな気がします。PC推定1st夏2nd秋で黄み肌のわたしは問題なく使えている。

リップケアカラー05は、わたしの肌だとまろやかで少しくすんだオレンジのように見えてしまう。公式はボルドーって言ってるんですけど。透け感が強くてニュアンス程度の色づきなので、イエベブルベ関係なく使えると思います。むしろ、素の唇の色との相性の方が重要だと思う。

ルージュスナイデル17、リップケアカラー05は特に、肌の色が発色に影響していそう。わたしは黄み強めの肌です。他の方のスウォッチを拝見すると、色白の方だともっとブラウンやボルドーっぽく見えました。他の方のスウォッチもぜひ参考にしてほしい。

メイクしてみた

アイメイク

アクアジェムグロウを使ってアイメイク。

上まぶたのキワだけに、アイラインのように幅数ミリだけ描いてみました。ブラシでなく指で塗っています。

左の10はブラウンのラインがくっきり視認できる。右の08は柔らかくぼかしたような線に。

今度は上まぶたにグラデ塗り。上の写真のようにまぶたのキワにラインを描いた後、アイホール全体に塗り広げました。こちらもブラシ不使用、指のみで描いた。

ほぼ同じに見える…。正直な話、肉眼で見てもかなり似ています。

10の方が暗くて、08の方が明るいというくらいしか違いがわからん。実際この撮影をした後、片目に10、もう片目に08を塗ったまま図書館に行きました。遠目には同じに見えるからええんや。

わたしの肌の色と相性がいいのは08の方なのかな。肌に溶け込む色みです。

一つ気になったのは、10は指でのばしてグラデにすると細かいカスがまぶたに残ってしまった。肌質や下地によるのかもしれませんが、 08ではカスは気になりませんでした。

アイラインのように使うなら10、単色グラデなら08という使い分けが多くなりそうです。

写真はありませんが、アクアジェムグロウはチークにも使えます。今っぽいブラウンチークになる。チーク使いも好きです。08と10、どっちもいける。

リップメイク

お次はリップ。唇が20個以上出てくるので苦手な方はご注意ください。

リップケアカラー05から。

重ねても発色はそこまで大きく変わらない。3度塗り以上だと同じです。

わたしの場合、唇でもボルドーという感じがあんまりない。オレンジってほどの黄みはないけど、ブラウンっぽい色になる。

保湿力は文句なしですね。もはやリップクリーム。唇うるうるをキープしてくれます。

ティッシュオフするとあまり色が残らないのは想定内。高保湿のシアーリップとはそういうもんだ。

リップバーム感覚のほんのりブラウンリップという立ち位置で使っていきます。家でのリラックスタイムでもつい塗っちゃうくらい付け心地がいい。

ルージュスナイデル17。

わたしの唇は赤みを拾いやすいので、赤リップ扱いですね。

唇の上をスティックがするする滑って塗れてしまうので、6度塗りくらいは余裕です。ツヤツヤし過ぎ感があるので、6度くらいぐりぐり塗ってティッシュオフするのがお気に入りの使い方。

オイルのツヤが唇をふっくら見せてくれます。リップケアカラー程ではないけど、ルージュスナイデルも保湿力の高いリップです。

重ね塗りするほど発色とツヤが強まっていく。ティッシュオフしてもそこそこ色が残っている。

アクアジェムグロウもリップに使えます。指塗りです。3回くらい重ね塗りしています。

ルージュ17ではなく16の間違いです。申し訳ありません。

ジェム08は わたしの唇だとヌードカラーのよう。唇の色ムラをなくしてくれました。唇のコンシーラーのように使ってもいいかも。

ジェム10はダークなブラウンリップになる。こういう暗くて濃いブラウン大好きです。こういう色のマットリップが欲しかったのでちょうどよかった。やったぜ。

そして、ジェム10+ルージュ16の重ね付けがいい感じでした。理想のダークリップになった。アクアジェムグロウ10のマット感とダークブラウンにルージュスナイデルのツヤと赤みが重なって、ふっくらダークリップがいっちょあがり。

ここまで紹介した着画(と腕スウォッチ1枚)を一気見せ。

いかがでしたか?わたしは唇を見すぎて違いが分からなくなってきました。今日は早く寝よう。

使用感

アクアジェムグロウは薄づきで密着

ムースのようなテクスチャーが、まぶたや頬、唇の上で薄膜のようにぴたっと密着。

伸びがいいというか、肌なじみがいいのかな。塗る時に摩擦せずにすみます。皮膚が薄いまぶたを摩擦レスでメイクできるのはポイント高い。

時間が経ってもテカリにくい。ヨレることもないし、メイク崩れは気になりません。

先ほど「アイメイクの撮影の後で図書館に行った」と書きましたが、図書館とコンビニと和菓子屋さんに歩いて行って、マスク付けっぱなしで2時間くらい動きまわっていた。晴れた日でじんわり汗をかきましたが、アイメイクは崩れていませんでした。

この質感でパールぎっしりのハイライトカラーを使ってみたい。時間が経ってもテカらなさそうで、オイリー肌でも使いやすそう。02、03あたりの色ですかね。ハイライトはたくさん持っているので要検討ですが、そのうち買うかもしれません。

リップは長時間うるおいキープ

リップ2種とも乾燥とは無縁。リップメイクで唇が荒れやすく、唇にやさしいと言われているリップでも荒れてしまうことがしょっちゅうのわたしでも大丈夫。荒れる荒れないは個人差ありまくりの話ですが、荒れないリップに出会えると毎回とても嬉しいです。

ルージュスナイデルとリップケアカラーには香りがついています。

スイートオレンジ、パルマローザ、ネロリをブレンドしたフェミニンかつ、前向きな印象のシトラスフローラルの香り。もちろん天然精油だけで調香しました。(スナイデルビューティー公式サイトより)

しかし言われないと分からないレベルの弱い香りです。公式サイトを読んで初めて知った。リップに鼻を近づけてくんくんして初めて分かる程度。

香りが苦手な人でも抵抗なく使えると思います。香りつきのコスメは好きですが、すごく好きな香りでも体調次第できつく感じることはあるので、このくらい弱い香りの方が使いやすいとも思ったり。唇は鼻の真下だし。

メイクオフしやすい

アクアジェムグロウは石けんオフ可能で、実際に落としやすいという体感があります。

石けんの泡で数秒かけてクルクルすると、肌からじわっと浮き上がって洗い流せます。クリーム・練り系のものは石けんオフ可能でもなかなか落ちないこともある中で、この落としやすさは優秀。

普段石けんでメイクオフしている人には特におすすめです。

とはいえ、わたし自身は石けんオフコスメでもクレンジングミルクで落としているのですが。

リップ2種は石けんオフとは書いていないですが、まあ普通に落としやすい。ぐりぐり塗り重ねて濃く発色させても、洗浄力の弱いクレンジングミルクでていねいにクルクルすれば落ちます。

落としやすいので、腕スウォッチがとてもラクだった。スウォッチでは、撮影後のクレンジングが地味に面倒で。分かりやすいように普段メイクする時よりかなり濃く塗っているので、簡単に落とし切れないんですよね。わたしは肌が弱いので、やり過ぎると腕がヒリヒリしてしまうのも困りどころ。

アクアジェムグロウはハンドソープでしっかり洗えば綺麗に落ちました。3度も重ね塗りしてたのに。リップ3度塗りはさすがにハンドソープだけでは落としきれなかったけど、クレンジングミルクを少量使えば跡形もなくなった。

綺麗に落ちました

まとめ

  • アクアジェムグロウはムースのような質感、時間が経っても崩れにくい
  • リップ2種は乾燥知らず、弱い香りつき
  • メイクオフしやすい

敏感肌でナチュラルコスメしか使えない人間としては、スナイデルビューティーのようなブランドが増えると使えるコスメの選択肢が広がるのでめちゃくちゃ助かります。

スナイデルビューティーにしか出せないアイテムを期待しています。

スナイデルビューティーの公式サイトより購入できます。

リンクは以下になります。3/31まで送料無料です。

アクアジェムグロウ

ルージュスナイデル

リップケアカラー

関連記事

スナイデルビューティーのカーキアイシャドウもお気に入り。

マルチコスメで好きなのはrms beautyのマスターミクサー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA