ETVOSのメープルガーランドはブルベも使えるイエベ色アイシャドウパレット【2021秋限定】

秋コスメ真っ盛りの季節は、黄みカラーのアイシャドウが溢れます。

これまでは「ブルベでイエベ色使いこなせない…」と諦めモードでしたが、今年は!メープルガーランドが!ある!!

イエベ色が集まったアイシャドウパレットですが、自己診断ではブルベ夏の筆者(1stサマー2ndオータムのくすみ必要タイプ)も使いこなすことができました。

シルバーラメ入りのブルーグレーのおかげでブルベでも使いやすい。
そしてわたしはイエベ色が苦手とはいえ、マットな質感は似合うタイプなので全然いけました。

イエベの方はもちろん、「ブルベでイエベ色のアイシャドウパレットは諦めてる…」という方にこそチェックしてほしいです。

  • イエベ・ブルベ問わず似合うような色と質感の組み合わせ
  • 粉質はサラサラで細かく進化
  • イエロー・レッド・カーキを混ぜて眉にも使える

エトヴォス ミネラルクラッシィシャドー メープルガーランド

4,400円(税込)

こなれた印象に仕上がるコントラストが美しいポジティブカラーパレット

エトヴォスは日本のミネラルコスメブランド。
ベースメイクにポイントメイク、スキンケアまで、幅広いラインナップが揃っています。

2021年の秋限定ミネラルクラッシィシャドー・メープルガーランドでは、イエロー・レッド・カーキという秋カラーにシルバーラメをプラス。

石油系界面活性剤・鉱物油・シリコン・タール系色素・防腐剤不使用。
石けんオフ可能です。

全成分はこちら。

メープルガーランド: Ⓐマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)合成フルオロフロゴパイト、酸化スズ、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al 
Ⓑマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)カオリン、合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、水酸化Al、カルミン 
Ⓒマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)カオリン、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、水酸化Al 
Ⓓマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)カオリン、合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、水酸化Al 

外観

黒いケースに、蓋の内側は鏡。
付属品はブラシとチップです。

赤や黄色に紅葉した葉や木が、シルバーラメの雨にしっとりと濡れたような、落ち着いた色合いです。

各カラーの解説

左上は透け感のあるかすかなグレーに、まばたきで輝くシルバーラメ。

まぶた全体に指塗りしました。

右下のミモザイエローは、ほんのりパール入りの肌に溶け込むイエロー。
ややくすみあり、干し芋みたいな色です。

指塗りしてから付属ブラシでぼかしました。

エトヴォスとしては黄色に色づいたカエデの葉を意図しているのだろうが。

左下は深みがありくすんだマットなレッド。
赤にオレンジを一滴垂らしたような色で、イエローとのグラデが作りやすい。

指塗りしてから付属ブラシでぼかしました。

締め色に使えるマットなカーキブラウン。

指塗りしてから付属ブラシでぼかしました。

指塗りだとしっかり発色するけど、付属ブラシを使って仕上げると粉っぽさ皆無でじんわりにじむような発色になります。

下まぶたのシルバーラメは指塗り、イエローとレッドはすべて付属ブラシ大で塗りました。

室内光で撮ったので暗めに写ってます

4色を組み合わせたらメイクパターンが無限大に楽しめそう。

腕にスウォッチ

1度塗りではこんなの。

分かりやすいようにグリグリ重ね塗り。
イエローのほんのりパール、確認できますかね?

屋外で撮影。

イエベ・ブルベ問わず似合う

パーソナルカラーと質感の関係

パーソナルカラーに関して専門的な知識はない、ただの素人が書く内容です。
詳しくはご自身でお調べいただくとして、参考程度に読み流していただけたらと思います。

すでにご存知の方は読み飛ばしてメープルガーランドはパーソナルカラーに全方位対応に行ってください。

パーソナルカラーとは

その人の肌、瞳、唇などの色に調和する色(似合う色のグループ)のこと

https://www.p-color.jp/about/

です。

春夏秋冬の4グループに分ける方法から人気に火がつき、さらに細かく8・12・16分割する方法など、いろいろ流派があります。

最近よく聞くイエベ・ブルベもパーソナルカラーの話です。

イエベとは黄みがかった色が似合うパーソナルカラー春・秋のこと、ブルベとは青みがかった色が似合うパーソナルカラー夏・冬のことです。

で、それぞれのパーソナルカラーによって、似合う色だけでなく質感も変わってきます。

https://twitter.com/meily_pr/status/1380702071444267008?s=20

詳しく知りたい方にはこちらの書籍が読みやすくておすすめです。

ここまでの話をすんごく大ざっぱにまとめるとこうなる。

メープルガーランドはパーソナルカラーに全方位対応

じゃあメープルガーランドはどうなの?という話。

何も考えずにメイクしても、複数のパーソナルカラーの要素を網羅できるようになっている。

わたしの場合、パーソナルカラー自己診断1stブルベ夏2ndイエベ秋でくすみ重視タイプ、ツヤ・ラメよりマットやパールが得意です。

レッドやイエローという色自体は決して得意ではないのですが、程よいくすみが入っていることと、マットな質感のおかげで使いこなすことができます。
イエローはパールがわずかなのでほぼマットの感覚で使えるし。

ラメは得意でないけど、シルバーだから抵抗なく使えるし、透け感あるグレーの発色が黄みカラーとの橋渡しになってくれる。

というわけで、このパレットでメイクすれば似合わない色でもいい感じにまとまってくれる

ブルベ夏でも秋っぽい黄みカラーが使えた…!

パーソナルカラーを知り、黄みの強いコスメは実際にしっくりこないことを体感してから、どんなに可愛いと思っても買いづらくなっていました

いや、黄みカラーも買うには買ってるんですけど。
使いやすそうな透け感イエローとか。

秋っぽいイエベ色のパウダーアイシャドウは、可愛くても尻込みするようになっていました。

「パーソナルカラー関係なく、可愛いと思ったら使えばいい」と頭では分かりつつ、買ってから使う頻度が低くなるのも目に見えてるんですよね。
他のアイシャドウとの組み合わせ方も難しくて

こういうイエベど真ん中みたいなアイシャドウは久々に買ったよ。

使いこなせるかとても不安だったけど、マットな粉質・シルバーラメ・絶妙なくすみのおかげで使いこなせそうー!
パレットひとつでアイメイクが完成するから、組み合わせに悩まなくていいし

嬉しい。
毎年秋はオシャレな黄みコスメを指をくわえて眺めるだけでしたが、今年はメープルガーランドで秋色メイクをいっぱいします。

パーソナルカラーがブルベ夏以外でも、イエベ春なら黄みとラメの輝き、ブルベ冬ならシルバーラメ全開にすると使いやすいのでは?と感じます。
マットとはいえ粉っぽさ皆無のじんわりにじむような発色なので。

自分の似合う色以外を使ったメイク、新鮮でとても楽しいですね。
これからはイエベカラーのコスメにもっと挑戦していこうかな。

粉質はサラサラに進化

2021夏の限定パレット・コットンピーチの記事で、「粉質よくなってるー!」と大騒ぎしたのですが。

メープルガーランドはさらに進化している。

手触りはサラサラ
指先に取っても、粒子が視認できないほど細かい

粉砂糖をプレストパウダーにぎゅぎゅっと固めたらこんな感じなのだろうか。

この粉質のおかげでじんわり発色が実現していると思う。

左上のラメもサラサラなんですよね。
サンライズデューの左上やコットンピーチの左上に比べてザリザリ感が少ないです。(この2つの左上も決してザリザリで手触り悪いわけではないんだけど。あえて比較したらの話です。)

眉にも使える

このサラサラの粉を触っていたときに、ふと気づいた。

これ、眉にも使えるのでは…?

大当たりでした。

先ほど載せたメイク画像、実は眉を右上のカーキブラウンで描いたものなんです。

確かフーミーの通常タイプでそっと描いたはず。

カーキ1色で描くときりりと端正になり、イエローやレッドを混ぜたら雰囲気が変わる。

3色を混ぜて自分だけのブラウンを作るのもありです。

こんなに楽しめる上に石けんオフ可

雰囲気さまざまなアイメイクに眉に…。

バリエーションが無限に広がるパレットですが、これ、石けんオフできるんですよね。
どんだけ有能な子なの。

個人的には洗浄力の優しいクレンジングミルクを使いますが、落としやすいのはありがたいです。

他のエトヴォスのコスメ同様に、使用感はとてもいいです。

まぶたの乾燥は感じないし、時間が経ってもくすまない

これから秋に向かってたくさん使っていこうと思います。

まとめ

  • イエベ・ブルベ問わず似合うような色と質感の組み合わせ
  • 粉質はサラサラで細かく進化
  • イエロー・レッド・カーキを混ぜて眉にも使える

黄みカラーは避けていたというブルベの方もぜひ買ってみてください!

関連記事

夏の限定ピンクも可愛かったですよー!

ミネラルクラッシィシャドーの定番色はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA