【着画あり】エトヴォスの2021春限定アイパレット・サンライズデューをレビュー。他の春限定や既存色との比較も

2021春限定のエトヴォスが可愛すぎる件。

限定アイシャドウパレット・サンライズデューを買ったので、既存色のロゼブラウン・モーブブラウンと比べつつレビューしていきます。

ミネラルマルチパウダー・エアリーモーブとミネラルアイバーム・アクアシトラスも購入済みなので、それらとの比較写真もあります。

追記:エトヴォスの2021夏限定はこちら

エトヴォス ミネラルクラッシィシャドー サンライズデュー

4,400円(税込)

1日のはじまり、朝の光にきらめく朝露にインスパイアされたボタニカルカラーを詰めたパレット。(エトヴォス公式サイトより)

ミネラルクラッシィシャドーの定番色はオフィスメイクにも使えそうな上品カラーが揃っていますが、限定で出るカラーが今っぽさ全開で可愛いんです。

最近だと、2020年秋限定だったヴィンテージグリッターとか大人気だったよね。

今回のパレットの名前「サンライズデュー」は、英語で表記するとsunrise dew。sunriseは日の出、dewは露という意味。

「朝露にインスパイアされた」という公式サイトの言葉が忘れられなくて買いました。

全成分はこちら。パレットの左上から反時計回りにA、B、C、Dです。

サンライズデュー: Ⓐマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)合成フルオロフロゴパイト、酸化スズ、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、カルミン 
Ⓑマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)合成フルオロフロゴパイト、酸化スズ、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、カルミン 
Ⓒマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)合成フルオロフロゴパイト、酸化クロム、酸化スズ、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al 
Ⓓマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)カオリン、合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、水酸化Al (エトヴォス公式サイトより)

外観

蓋オープン。蓋の裏側に鏡つき、付属品はチップとブラシ。

パレットに接近。ラメ感を見てみると…

君は…青ラメ?

青ラメが入っているのか…?違うのか?左下のピンクが青っぽいぞ。もともと青みピンクだからそう見えるの?

フラッシュ有り

とりあえずラメが多色なのは確かなようです。

腕にスウォッチ

今回はいつにもましてスウォッチを撮るのが難しくてですね…。実物より暗く、くすんでしまう。

発色弱めでラメたっぷりのアイシャドウなんです。だから色が綺麗に写らないし、ラメの質感をカメラで捉えづらい。

指でサッと軽く塗った場合。発色はこんなもの。発色よりもラメ感重視のアイシャドウです。

これは指で2度塗り。

一番上のベージュはピンクがかったスキントーンのような色。2番目のピンクは青みあり。3番目は透け感のあるライムイエロー。1番下は大地の優しさを感じさせるふわっとマットなダークブラウン。

分かりやすくなるよう、腕に4色をグリグリ塗りまくった図。色味重視で自然光で撮影。

一番下のブラウンのみマットな質感で、他3色(上からベージュ、ピンク、ライムイエロー)はラメたっぷり。

こちらはラメのギラギラ感重視。

ギラギラ度が強い順に並べると、ベージュ、ライムイエロー、ピンクの順です。ラメの量自体はライムイエローよりピンクの方が多いようだけど、ピンクはギラギラ感以上に高発色が目立っている。

既存色との比較

エトヴォスのミネラルクラッシィシャドーは、既存色のロゼブラウンとモーブブラウンも持っています。

左からロゼブラウン、サンライズデュー、モーブブラウン。

まずは1番薄い色3色の比較。水色のチェック入りの色を比較します。

文字入れを忘れてしまった。上からモーブブラウン、サンライズデュー、ロゼブラウンです。

1番上のモーブブラウンはマット寄りの質感。黄みが少なくて白に近いベージュです。ブルベ向き色だと思う。

真ん中のサンライズデューと下のロゼブラウンは似ている。互いに比べてみたら、サンライズデューの方が若干パール多め、ロゼブラウンの方が少しくすみ強めです。

次はピンク系3色の比較。黄色のチェック入りの3色です。

サンライズデューのピンクは、青み寄りでくすみのない鮮やかなピンク。多色パールがたくさん入っていて輝きがすごい。

モーブブラウンの右下は、くすみがかったパープル、というよりモーブと言う方が正確か。サンライズデューはパールの粒が大きくてラメと呼びたいほどなのに対し、モーブブラウンはパールが繊細でツヤっぽく、シマーと呼びたい質感。この写真の3色の中で1番わたしのまぶたに似合うのは、色も質感もモーブブラウンです。

ロゼブラウンの締め色はパール感少なめ。モーブブラウンよりさらにくすみが強く、赤みがかったブラウンです。

同時発売の限定コスメと比較

左:ミネラルマルチパウダー・エアリーモーブ
右:ミネラルアイバーム・アクアシトラス

この2点についてはすでに記事を書いています。

ミネラルマルチパウダー・エアリーモーブとサンライズデュー・ピンクの比較。

どちらも青みピンクで似てるかな?と思ってたけど全然違った。サンライズデューは赤みの強いピンクでキラキラ。

エアリーモーブはラベンダー色。サンライズデューのピンクと並べるとパープルに見える。ミルキーな感じ。質感はマットです。

先ほどのロゼブラウン・モーブブラウンの似た色味とも一緒に。

グリグリ濃く塗ったバージョン。

ミネラルアイバーム・アクアシトラスとサンライズデュー・ライムイエローも並べて塗ってみました。

こうして見ると、アクアシトラスは青みが強いカラーなんだなーと改めて実感。このイエローもライムみがあって「ザ・黄色」より青み寄りだと感じる。しかし、そのライムイエローと比べて見てもアクアシトラスの青みが際立つ。

サンライズデューのライムイエローは黄み苦手な人でも使えるし、アクアシトラスはブルベ色だなーと思いました。まあ、どちらも薄づきにして調節できるので、イエベブルベ問わず楽しみやすいですが。あくまでイエベかブルベに分類するとしたらの話。

メイクしてみた

実際にアイメイクしてみました。目のアップ写真が出てくるので苦手な方はご注意ください。

サンライズデューの中でどう使うか1番ワクワクしたのが、右下のライムイエローです。まぶたに塗るとどんな感じになるのか想像がつかなくて楽しみだった。

とりあえず、ライムイエローのみを上まぶた全体にサッと塗ってみました。たしか指を使ったはず。それか付属のブラシだったかも?


透け感のある、淡い発色です。写真には写りにくく、自然光がしっかり当たる明るい場所で撮影しました。肉眼ではもうちょい見えやすいかと。

目元だけの写真だからなおさら分かりにくくなってしまっている感はある。顔全体を見たら、目元だけうっすらイエローだと視認できる程度には発色している。

イエローのニュアンスを足す感じの発色なので、イエロー系のアイシャドウが苦手でもチャレンジできそう

ライムイエローを上まぶた全体に塗った上からメイクを重ねてみた。定番のグラデにしました。指・付属のブラシ・チップのみ使用。

  1. 右下のイエローを指で上まぶた全体に塗る(先ほどの写真)
  2. 左下のピンクをブラシで中間色に。一重まぶたなら目を開けてギリ見えるくらいの範囲に
  3. 右上のブラウンをチップで薄く乗せ、ぼかす
  4. 左上のベージュを上まぶたの中央と下まぶたに指でポンポンと乗せる

春らしいピンクメイクに仕上がりました。ベースがほんのりイエローなのがポイントになっている。

発色を抑えめにすれば、オフィスメイクにも全然使えそうな上品な仕上がりになりますね。

もう1パターンやってみた。こちらも指・付属のブラシ・チップのみ使用。

エトヴォス公式のルックを参考にしつつ、春っぽい仕上がりで。

  1. 左上のベージュを指でアイホール全体に。目尻側は特に広めに。
  2. 下まぶたのキワにブラシで左下のピンクをポンポン乗せ、発色させる
  3. &beのブラウンアイライナーを上まぶたの目尻にハネ上げ気味に
  4. 右下のイエローを目頭・目尻にチップでトントン、発色させる

目頭、下まぶたのキワ、目尻に色を乗せてアクセントにして、上まぶた全体はベージュのみで軽く仕上げてバランスを取りました。締め色なしが最近の気分に合ってる。

目頭と目尻に同じ色を乗せるのは可愛い。エトヴォス公式のルックをまねっこしました。ルックでは左下のピンクを使っていた。

目尻のアイライナーは&beのブラウンです。

ブラウンよりもカラーアイライナーの方がこのメイクには合ってるなと思いつつ。ピンクブラウンとか。何か買おう。

同時発売のミネラルマルチパウダー・エアリーモーブやミネラルアイバーム・アクアシトラスをパレットと組み合わせても絶対可愛い。

使用感

まぶたでパサついたり、まぶたに刺激を感じたりすることはない。さすがエトヴォス、肌が弱っている時でも安心して使えそう。

もちろん石けんオフできます。ただ、ラメは残りやすい。気になる場合は洗顔後に濡らしたコットンや綿棒で優しくトントンすると落とせます。

ラメ飛びしやすいです。同じアイパレットの既存色よりラメが大きくてたくさん入っているぶん、ラメ飛びもしやすい。何らかの下地を仕込んで密着させる作業は必須かと。エトヴォスのミネラルアイバームが使えると思います。

イエベ・ブルベ問わずいけそう

ブルベ向きの色ではあるものの、発色が弱いのでイエベでも全然使えそうです。

わたしのパーソナルカラー(自己診断では夏秋のくすみ好き)的にはくすみが欲しいのですが、サンライズデューはくすみのないクリアな色。それでも発色が淡いおかげで普通に使えます。

色よりもむしろ、ラメと自分のまぶたの相性を気にした方がいいかもしれない。

わたしのまぶたは派手なラメとの相性がイマイチです。買ってから思い出した。この記事の中盤で紹介したモーブブラウンくらいの、シマーなツヤ感あるパウダーがわたしには合っている。

わたしの場合、パレット一つでメイクを仕上げるというよりも、自分に似合うアイシャドウと組み合わせて使うことが多くなりそう。

サンライズデューのパール多めな3色は、単色アイシャドウ感覚で使うと大粒パールが苦手なわたしでも使いこなせそうです。

もちろん、ラメ大得意!という人ならこのパレットひとつだけでアイメイクを完結できると思います。

右上のブラウンは眉にピッタリ

最後に大事な話をひとつ。サンライズデューの右上のブラウンが眉に最適なんです。

腕に薄塗りしたスウォッチ写真を再掲。

右上。これは指塗りなので、ブラシなら発色がもっと弱まる

濃い色だけど、ふんわり柔らかい質感なので濃くなりすぎず使いやすい。ふんわりちょうどいいマット感のパウダーなんです。

パレットに付属のブラシでそっと乗せるだけでもそれなりの太眉が完成します。出先でメイク直しする時なんか、目と眉がこのパレット一つだけで済ませられちゃう。わたしは家でも、眉メイクめんどくさいって時はサンライズデューのブラウンだけで終わらせます…ズボラ…。

もちろん、アイシャドウブラシを使えば完成度は高まる。大人気のフーミーのブラシとか。

粉の色が濃くて発色がソフトなアイブロウパウダー、地味に探していたんですけど、こんなところで出会えるとは。

エトヴォスさん、この粉質でアイブロウパウダーはいかがでしょうか?何色か展開してほしいな。眉ってニキビができやすい箇所。ミネラルコスメだとニキビができやすい時期でも安心して使える。

ということで、サンライズデューは、単色アイシャドウ3色+アイブロウパウダー1色という感覚で自由に使おうかと思っています。

まとめ

  • 発色弱めで、たっぷりのパール(ラメと呼べるレベル)が目立つ質感
  • ブルベ向きの色ながら、発色が淡いのでイエベでも大丈夫
  • ラメ飛びしやすいので下地必須
  • ブラウンは眉にぴったり

このパレットがあれば春メイクがますます楽しめそう。どんなメイクをするか考えるだけでも楽しい。買ってよかった。

関連記事

エトヴォスの2021夏限定はこちら。

2021春限定コスメ。詳しくレビューしました。

定番カラーのレビューはこちら

1 COMMENT

とら

サンライズデューの色や質感がすごくわかりやすいです!
似たような色の他のアイテムとの比較も、これこそ知りたかった!!と思うものばかり!他との比較でこそわかることが多いですね!

半年前にサンライズデューを購入しましたが、こちらを読んでから購入を検討すれば良かった…!!と惜しまれるほど…
エトヴォス公式ホームページではラメ具合はわからず、店頭で確かめることもなく、色が好みだから購入してしまったのですが、届いてびっくり、めっちゃラメラメやん!!私ラメ苦手なのに~!案の定まぶたにのせるとラメばっかり目立って思ってたのと違う!!
とはいえ、試行錯誤で使えるようにはなりましたし、やっぱり色が楽しくて良かったのですが…でもラメが少ない方が絶対良かった…
購入後ほどなくして公式に、ラメ具合がわからないので、ラメ多めであれば★、ラメ有なら☆、パール有なら〇、マットなら印なし、など、各色にマークをつけるなどしてわかるようにしてほしいと要望お送りしたものの、商品紹介ページには特に変化はないので、今後もひよぞうさんのレビューを参考にさせていただきたいと思いました!

蛇足ですが、質感をわかりやすく紹介してくれないならエトヴォスファンやめようかなと思った矢先に登場したメープルガーランド!これまた素敵な色味ではないかー!と早速買ってしまった…
シルバーラメは捨て色になるなと思ったら、予想外に合ってびっくり。シルバーラメとカーキの組み合わせだけでも涼しげに使えて楽しめそうです。結局は自分の試行錯誤が外せないのかな…

初コメントなのに長々失礼いたしました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA