【etvos22春限定】アイシャドウパレット・ブロッサムシャワーとアイバーム・ロゼソーダをレビュー。

エトヴォスの限定コスメで季節の移ろいを知る。

エトヴォスの季節限定アイシャドウはほぼ毎回買ってしまいます。
2022年春も可愛いよ。

発売から2週間以上経ってしまいましたがレビューしていきます!

エトヴォス ミネラルクラッシィシャドー ブロッサムシャワー
エトヴォス ミネラルアイバーム ロゼソーダ

ミネラルクラッシィシャドー:4,400円
ミネラルアイバーム:1.7g、2,750円

花々の生命力と太陽のあたたかみを宿した、幸福感いっぱいのパレット(公式サイトより)

甘さと明るさ、ひとさじの青みで今っぽさもプラスできるロゼカラー(公式サイトより)

エトヴォスは日本のミネラルコスメブランド。

毎シーズンの限定アイシャドウがいつも楽しみです。
2022年春は生命力溢れる花のようなパレットに、青みピンクのアイバーム。

「ひとさじの青み」が「今っぽさ」なんでしょうか?
確かに一時期よりは青み系コスメのバリエーションが増えたけど。
流行についていけないコスメブログです。

トレンドを追うのも楽しいけど、いつでも自分の似合う色、好きな色が買えるといいなと思います。
かつてはどこを見てもテラコッタ一色だったからね…テラコッタで顔が死ぬ族としては辛かったよね…。

話をエトヴォスに戻します。

界面活性剤・鉱物油・シリコン・タール系色素・香料・防腐剤・アルコール不使用。
石けんで落とすことができます。

全成分はこちら。

ブロッサムシャワー: Ⓐマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)グンジョウ、合成フルオロフロゴパイト、酸化スズ、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、カルミン 
Ⓑマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)カオリン、合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、水酸化Al 
Ⓒマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)カオリン、合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、水酸化Al、カルミン 
Ⓓマイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、ポリクオタニウム-61、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水、(+/-)カオリン、合成フルオロフロゴパイト、酸化スズ、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、水酸化Al、カルミン (公式サイトより)

ロゼソーダ:ステアロイルオキシステアリン酸オクチルドデシル、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、コハク酸ジヘプチル、シリカ、キャンデリラロウ、トリベヘニン、オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-61、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒマワリ種子油不けん化物、ヒマワリ種子油、クロフサスグリ種子油、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、フウセンカズラ花/葉/つるエキス、ローズマリー葉エキス、トコフェロール、グルコマンナン、ラウロイルリシン、オクチルドデカノール、トリヒドロキシステアリン、パルミチン酸エチルヘキシル、カプリル酸グリセリル、トリ(ベヘン酸/イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル、(カプリロイルグリセリン/セバシン酸)コポリマー、(+/-)グンジョウ、合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、水酸化Al、ホウケイ酸(Ca/Al)、マイカ、カルミン (公式サイトより)

外観

パレットは蓋の裏に鏡、ブラシとチップ付き。
アイバームのケースは透明なアクリル製。
いつも通りのパッケージです。

各カラーの解説

まずはミネラルアイバーム・ロゼソーダから。

ピンクやシャンパンカラーのパールがきらめく、今っぽい(らしい)青みピンクです。
パケで見る印象よりも穏やかな発色で使いやすい。
チークにもぴったりのカラーです。

スウォッチ真ん中がロゼソーダ、左はブロッサムシャワーの左上。

質感は2021春限定や2021夏限定のミネラルアイバームと同じ。
薄づきで硬めのクリームです。

続いてブロッサムシャワーの各カラーを紹介。

パレット左上は透け感あるラベンダーパープル。
この写真では分かりにくいけど、青やピンク、シルバーなどのラメがきらきら光る。

パレット左下、温かみのあるかぼちゃのようなイエロー。
ぱっと見はパールなしのマットな粉に見えますが、よくよく見ると粉砂糖のように細かいパールが入っていて、繊細なツヤ感をもたらします。

パレット右下、咲き誇る花のようなコーラルピンク。
パールは左下のイエロー同様にさりげない。

パレット右上、赤みがかった締め色ブラウン。
実物は写真よりもメタリックなゴールドラメが目立ちます。

腕にスウォッチ

パレットの4色を1度塗り。

パレットの4色とミネラルアイバーム・ロゼソーダを重ね塗り。

一番下がロゼソーダ

屋外で撮影、重ね塗り。

黄み青み、色の明るさ暗さやくすみ、パールやラメのバランスなどが計算されていて、イエベもブルベも関係なく楽しめる4色の組み合わせです。
2021秋限定・メープルガーランドのときも思ったけど、エトヴォスはパーソナルカラー問わず使いやすいパレットを作るのが本当に上手。

過去の限定パレットと比較

エトヴォスの過去の限定パレットと比べてみます!

サンライズデュー(2021春限定)、コットンピーチ(2021夏限定)、メープルガーランド(2021秋限定)、ブロッサムシャワー(2022春限定)

定番色も2種類持っていますが、ブロッサムシャワーとはあまり似ていないので今回は登場しません。
過去に記事書いてます。

ブロッサムシャワーの左上・ラベンダーパープルと似た色を塗り比べ。
ラベンダー〜ピンク系やラメカラーを集めました。

(A)サンライズデューの濃いピンクは(E)ロゼソーダより赤みが強くて高発色。
(A)サンライズデューのベージュピンクと(D)ブロッサムシャワーのラベンダーは光り方が似ていて、華やかに光りつつ発色もする。同系色のラメが何色も高密度にぎゅぎゅっと寄り集まってるので華やかに見える。
(C)メープルガーランドのシルバーは(D)ブロッサムシャワーより発色弱くて透け感があり、ラメの光り方は強い。ラメの密度がまばら。

ブロッサムシャワーの左下・イエローと似た色を。

(C)メープルガーランドと(D)ブロッサムシャワーがとても似ています。
(C)メープルガーランドの方がややオレンジが強めで、ラメの輝きがまぶしい。(D)ブロッサムシャワーは、パールの光り方が繊細。少し明るい色で、オレンジというより黄色っぽい。いろいろ書いたけど、この2色の差はわずかです。
(A)サンライズデューの黄色は全くジャンルの異なる色です。透け感があるライムイエロー。発色は他と比べて弱め、ラメの輝きが強い。

ブロッサムシャワーの右下・コーラルピンクと似た色を。

(B)コットンピーチのピンクと(D)ブロッサムシャワーのピンクは性格が違うというか。(B)コットンピーチは甘さを含んだピンク、(D)ブロッサムシャワーは陽だまりでぽかぽかのピンク。
(E)ロゼソーダはバームなのでそもそも質感が違うし、他の2色とは違って青みが前面に来てる。

ブロッサムシャワーの右上・締め色ブラウン。

(D)ブロッサムシャワーのブラウンは赤みブラウン、(B)コットンピーチは青みがかったブラウンで、(A)サンライズデューはグレー寄り。
ラメ入りはブロッサムシャワーのみで他はノンパールのマットな粉です。

メイクしてみた

まずはアイバーム・ロゼソーダをアイホール全体に。
がっつりピンク!ではなく淡い色づきです。
腫れぼったくは見えず、ナチュラルな血色感を与えつつまぶたを明るくしてくれます

今度はブロッサムシャワーの4色を使ってメイク。
ラメは輝くし明るくカラフルだけど、全体の調和が取れたメイクが完成しました。

下段のイエローとピンクの使い方次第で、いろんなバリエーションのアイメイクが楽しめそう。

ラベンダー、イエロー、ピンク、ラメ入りブラウンという系統がバラバラの4色でアイメイクをまとめるのは本来難しいはず。

このパレットを使えば、メイク上級者のような多色アイメイクを失敗なく着地させることができる
色の組み合わせや光り方が考え抜かれている。

ブロッサムシャワーはサンライズデューの弱点を克服

粉飛びラメ飛びしにくい

粉飛びラメ飛び、サンライズデューではまあまあ気になったんですよね。

ブロッサムシャワーでは左上のラベンダーが粉飛びラメ飛びするのかな…と身構えておりましたが、そんなことはなく。
ゼロとは言い切れないけど、サンライズデューよりは全然少ないです。

締め色が他の色と馴染む

サンライズデューでは締め色のみがマットブラウンで、他3色はラメカラーだった。

サンライズデューのレビュー記事より

キラキラのラメに包囲されて、マットな締め色だけちょっと浮いちゃう感じは否めなかった。
単色のブラウンとしてはとても使いやすい色なんですけどね、眉にもいけるし。
パレットの4色だけで目元を完成させるなら、ブラウンの扱いが難しかった。

ブロッサムシャワーは4色に一体感がある。
締め色ブラウンはゴールドラメ効果で存在感キレッキレだし。

再掲

締め色にラメ入りって、濃い色でまぶたを締め上げたい派の方には力不足だと感じられるかもしれません。
一重まぶたの端くれとして、その気持ちは分かる。

ブロッサムシャワーのブラウンの個性を生かしつつまぶたを締めるには、手持ちのブラウン系アイライナーを足すのがいいかなと思います。

明るすぎず落ち着く(PC自称夏秋のくすみ好き)

これは完全に個人の好みですが、サンライズデューよりもブロッサムシャワーの方が馴染みがいいです。
(サンライズデューが使えないという話ではない。好みですね。)

去年のサンライズデューは鮮度高めかつ明るい色でした。
今年のブロッサムシャワーは明るいけどほんのわずかにくすみ感があって、落ち着きを備えた色合いです。

わたしはパーソナルカラーの自己診断が1stブルベ夏2ndイエベ秋でくすみ重視タイプ。
バキバキに明るいコスメは苦手です。
サンライズデューは鮮度高く明るい色でも透け感発色なので使えたけど、使い慣れていて安心するのはブロッサムシャワーの方ですね。
明るくはじけたいときはサンライズデュー、自分らしい春を過ごすならブロッサムシャワーでしょうか。わたしの場合。

ブロッサムシャワーは春色パレットだけど、秋にもしっくり来そうな色合いだよね?
秋に使うのが今から楽しみ。

進化してパレットの使いやすさが向上したエトヴォスの春新作。
延々とパレットの話をしてたけど、ミネラルアイバーム・ロゼソーダは場面問わず使える万能ピンクですよ。
パレットもアイバームも、春メイクのおともにぴったりです。

まとめ

  • ブロッサムシャワー:個性的な4色が調和した春らしいパレット。多種多様なアイメイクが楽しめる。
  • ロゼソーダ:青みピンクにパールが光る、目元にもチークにも使えるクリームタイプのアイシャドウ。

今回の限定コスメも素敵だったな。
これまでも、これからも、エトヴォスの限定アイシャドウは買い続けるなと改めて思ったのでした。

購入は下のリンクからどうぞ。

関連記事

エトヴォスのアイシャドウは定番色も使えます。

ミネラルコスメを使うなら、まずはトライアルからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA