大人のベージュで手肌を美しく。to/one(トーン)のネイルポリッシュ01、02、03をレビュー

2021年2月某日、コスメ好き界隈に激震が走った。

みんな3枚目の写真を拡大して見たよね。

こりゃ買うしかない!ということで、手帳に発売日を書き込み、正座して待機しておりました。

to/one ネイルポリッシュ

10ml、1,980円(税込)

自然由来約80%のナチュラルネイルポリッシュ。指先をつややかに美しく見せる洗練されたベージュカラー。(to/one公式ウェブサイトより)

to/one(トーン)とは、コスメキッチンを運営するマッシュビューティーラボが設立したナチュラル&オーガニックコスメブランド。

ブランドのコンセプトは、使う人ひとりひとりが内に秘める美しさが開花するコスメを届けること。メイクアップやスキンケアアイテムを展開しています。

このたび新発売のネイルポリッシュは、01 フォーン ベージュ、02 モーブ ベージュ、03 ベージュ ベージュの全3色。塗る人それぞれの手肌が美しく見える色で、to/oneらしいカラーリングになっています。

全成分はこちら。自然由来約80%で、成分にもこだわっています。

・フォーン ベージュ
酢酸エチル、酢酸ブチル、ニトロセルロース、エタノール、(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー、クエン酸アセチルトリブチル、クエン酸トリエチル、アクリレーツコポリマー、ステアラルコニウムベントナイト、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、シリカ、イソプロパノール、ジ安息香酸DPG、ジ(C12-15)パレス-2リン酸、水酸化Al、トリエトキシカプリリルシラン、リン酸、メチコン、タルク、水 、クエン酸、酸化チタン、酸化鉄、黄4、コンジョウ、赤202

・モーブ ベージュ
酢酸エチル、酢酸ブチル、ニトロセルロース、エタノール、(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー、クエン酸アセチルトリブチル、クエン酸トリエチル、アクリレーツコポリマー、ステアラルコニウムベントナイト、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、シリカ、イソプロパノール、ジ(C12-15)パレス-2リン酸、ジ安息香酸DPG、水酸化Al、トリエトキシカプリリルシラン、リン酸、水、メチコン、タルク、クエン酸、酸化チタン、マンガンバイオレット、酸化鉄、黄4、コンジョウ、赤202

・ベージュ ベージュ
酢酸エチル、酢酸ブチル、ニトロセルロース、エタノール、クエン酸アセチルトリブチル、(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー、クエン酸トリエチル、アクリレーツコポリマー、ステアラルコニウムベントナイト、シリカ、イソプロパノール、ジ(C12-15)パレス-2リン酸、ジ安息香酸DPG、リン酸、水酸化Al、トリエトキシカプリリルシラン、水、メチコン、クエン酸、タルク、酸化チタン、酸化鉄、赤202、黄4、コンジョウ

to/one公式サイトより)

外観

すりガラスの四角いボトル。ガラスのくもりがかった色が、ポリッシュの色と合っている。

左から01、02、03

塗るとガタガタに(不器用)

蓋オープン。とろみのある液です。

これは02

個人的には、こういうぽてっとした液の扱いが苦手です。ムラができやすく、ハケの跡が残ってしまう。速乾が裏目に出て、ムラや塗り跡がごまかしにくいような。

ハケはこんなの。

ハケは平筆で毛量少なめ、ゆえに横幅が狭い。それでいて毛が横に広がりにくい。

正直、もう少し毛量が多ければ、毛が横に広がれば…と思わずにいられない。一塗りで済ませるには、ハケの横幅が足りない。

理想は、ハケを広げて重ね塗りせず一塗りで完成させることなんですが、このハケ+わたしの技量だとなかなか難しい。

結果、ムラあり・ガタガタ・ハケの跡。どんだけ塗るの下手なん。

これは買ってすぐに塗った写真。人差し指と小指はベースコートのみ。

特に03はムラが目立。地爪より明るい色で液ぽってりなのでしょうがないし、ムラがマーブル模様みたいで可愛いという見方もできるけど。引きで見たら大して目立たないし。

何度か塗ってみて、気をつけるポイントはこの5つだという結論になりました。

  • 塗る前にボトルをよく振る
  • 液を穂先にたっぷり取る
  • ハケを素早くスッと伸ばす
  • 1塗りで爪全体を仕上げるのは諦める(中央→右→左の順に塗る)
  • 固まってしまう前に、とにかく素早く

塗る前にボトルを振るのは、シャカシャカ勢いよく振るのではなく、ボトルを静かに転がすイメージです。

ネイルに慣れている方には当たり前のことばかりかと思いますが、参考になれば幸いです。

この先の着画は全て、塗る練習を数回した後に撮ったものです。練習したからといって綺麗には塗れていないのですが、今の自分にはこれが限界なのでお目こぼしください。

ひよぞう
ひよぞう

遠目にはぱっと見で分からないから、まあいいか

塗ってみた

まずは01、02、03の3色を塗った写真から。こんな雰囲気の色たちです。

この写真の色み、わりと実物に近いかも

1色ずつ詳しく見ていきます。

01 フォーンベージュ

買う前に、黄みがかっていて似合わないかな?と懸念していた色です。おそるおそる塗ってみた。

めっちゃ合うやん

肉眼で見た感じ、どちらかというと青み優位に感じる。黄み優位ならわたしの手肌では浮いて見えるはずだけど、この色はしっかり馴染んでいる。

01は1度塗りでも高発色。2度塗りすると、1度塗りの時にはうっすら見えていた地爪のピンク色が完全に隠れます。

しかしこの色、どっかで見たことあるなー、どこだろうなー。

あれだ。チョコクリームケーキだ。

濃いチョコレートソースではなく、ココア色のホイップクリームの方です。

もしくは、ミルクココアとカフェラテを足して2で割ったような色のような気もする。この2つを実際に混ぜたことはないけど。

いずれも2度塗り、小指のみ3度塗り。室内光の下で見る青っぽい色みが好み。

02 モーブベージュ

地爪ですか?な色。わたしの場合、地爪より少し濃い色。地爪に限りなく似た、それでいて少し暗い色で覆う。モーブニュアンスのある落ち着いたピンクです。

いずれも2度塗り、小指のみ3度塗り。光の加減で表情をくるくる変えるカラーです。

03 ベージュベージュ

ベージュベージュって。名前が斬新。ベージュの中のベージュってこと?

レースカーテンのような、透き通った明るい白。爪に塗ると、ほんのりペールピンクを帯びた白に見える。わずかなピンクっぽさがベージュ要素なのかな?

この3色の中で最も、肌の色に左右されず誰でも似合う色だと感じます。

1度塗りだとムラが目立つしあまり色が出ないので、2度塗りが好きです。2度塗りと3度塗りはそんなに変わらない印象。

いずれも2度塗り、小指のみ3度塗り。

02と03は似ています。ベースコートのみ、02、03を比較した図。1度塗りです。

爪に明るさを足すなら03、暗さを足して爪の色を均一にするなら02。塗りムラが目立ちにくいのは02です。

02と03はオフィスネイルにもいける。01はちょっと厳しそう、勤め先によるけど。

01と似たベージュの比較

手持ちのベージュと一緒に01を塗ってみました。

左から順に

  1. デボラリップマン:dirty little secret
  2. OSAJI:01 kitto(きっと)
  3. to/one:01 フォーンベージュ
  4. アディクション:Chateau basque(シャトーバスク)
  5. OSAJI×IENA:x07 Comfy(コンフィ)

右側の3つは、上から順に自然光(室内)、自然光(屋外)、室内光です。


①デボラリップマン:dirty little secret
発色はこの中で最もシアー。2度塗りではあまり色が出ません。くすみグレージュニュアンスをうっすらと感じる程度。ゴールドをメインにブルー、グリーン、ピンクなどの多色ラメが散らばっています。

②OSAJI:01 kitto(きっと)
この中では青みを強く感じるグレージュ。ベージュ要素はごくわずか。青みグレーの中にちょっぴりだけベージュを混ぜた色。ノンパール、ラメもなし。

③to/one:01 フォーンベージュ
ミルクココアとカフェラテを足して2で割ったような色。やや青み寄りのベージュだけど、光の加減によって黄みが強く見える気もする。不思議な色。この5色の中では黄みが強い部類に入るのは確か。

④アディクション:Chateau basque(シャトーバスク)
ブルベ向きと言われるカラー。わたしの手ではとても肌なじみがいいヌードカラーとなる。わたしの手は露骨にブルベ色が合ってイエベ色ではくすむので、確かにブルベ向きなんだと思う

⑤OSAJI×IENA:x07 Comfy(コンフィ)
やや黄み寄りのベージュ。ゴールドのパールがチラチラと輝く。このくらいの黄み感ならわたしの手でも(ぎりぎり)セーフ。

①デボラは過去に撮った写真があるので参考までに。記憶が曖昧なのですが、3度塗りで自然光(室内)の撮影。のはず。

使用感

塗りやすさ

すでに書いたように、ネイル下手な自分にとっては塗るのにはコツがいる。塗る時は息を止めて集中しています。

肌なじみのいいカラーなので、失敗してもぱっと見は分からないんですけどね。ブログやSNSの写真のために神経質になっていたけど、日常使いには少々はみ出ても気にしないスタンスで行きます。

トップコートなしでもツヤツヤ

今回の写真は全てトップコートなしです。トップコートを塗ったようなツヤが出る。

「ブログ記事のためにトップコートなしで過ごそう!」という信条があったわけでは全然なく、単に塗り忘れていただけです。塗り忘れちゃうくらいツヤがある

普通に速乾

ツヤ感のあるポリッシュなので、多少乾きが遅くても仕方ないかなーと思っていたのに。

最近は速乾のネイルが増えている。わたしはこのごろはナチュラル系成分のネイルばかり使っていますが、速乾なのは普通という感すらある。なんて贅沢な。時代の進歩を感じる。

着けていてラク

to/oneのポリッシュは塗っていても爪がラクです。爪が呼吸できないような息苦しさを感じません。

これがナチュラル系成分のネイルポリッシュの良さ。爪が苦しいからネイル落としたいー!とならない。セルフネイルを気楽に楽しめるようになった。こういう処方のネイルがもっともっと増えてほしい。

持ちは良い

2度塗り・トップコートなしで過ごしたら、4日くらいで爪先が欠けてきました。6日目の現在、爪の根元は剥げずに健在。爪先を塗り足したら、もうしばらく持たせられそうです。

トップコートなしでこれほど持つのは、かなり優秀だと思う。02・03なら多少ハゲても目立たないし、日常使いしやすいと思います。

お気に入りの色は?

03が一番好きです。あと01も好き。

塗りにくいって散々文句言ってたくせに、03が好き。遠目に見た時に良さが発揮される色です。指先がほの白く灯ると、手の色まで明るく美しく見せてくれる。

どんな人でも似合う色だけど、その人だけの美しさを引き出してくれるとてもto/oneらしいカラーだと思います。

01は、1度塗りで地爪の色をほんのり透けさせるのが好み。肌の色にマッチする絶妙なベージュを探すのは大変な作業なのに、今回こうして出会えて嬉しいです。

着画の振り返りに、まとめて載せておきます。

まとめ

  • とろっとした液でハケ小さめ(→やや塗りにくい?)
  • 手肌を美しく見せるベージュのニュアンスカラー
  • トップコートなしでもツヤツヤ
  • 速乾・着けていてラク・持ちがいい

to/one公式サイトコスメキッチン公式ウェブストアで購入できます。

わたしはいつもスキンケアアイテムなどと一緒にコスメキッチン公式ウェブストアで購入しています。

関連記事

OSAJIのネイルは何色も持っています。

ukaのネイルも好きで増殖中。

to/oneはマスカラが好きです。2タイプとも持ってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA