【着画あり】エトヴォスの2021春限定コスメ。ミネラルマルチパウダー・エアリーモーブとミネラルアイバーム・アクアシトラス

2021年の春コスメ発売ですよみなさん!

え、本当に?もう?

春って言われても実感湧かないし寒すぎるし、もう2021ってのも驚く。

ベスコス2020を選んだけど、未だに2020を引きずっている今日この頃です。

しかし季節は動いてゆく。コスメたちが春の訪れを教えてくれる。

心が打ち震えるほど素敵なコスメが届いたので見せびらかします。

追記:2021夏限定のミネラルアイバームの記事はこちら

エトヴォス
ミネラルマルチパウダー エアリーモーブ
ミネラルアイバーム アクアシトラス

ミネラルマルチパウダー:2.5g、2,530円(税込)

野原に咲く繊細なスミレのような、柔らかくて優しいモーブカラー。(エトヴォス公式ウェブサイトより)

ミネラルアイバーム:1.7g、2,750円(税込)

ニュアンスを帯びた輝きをプラスする、アイシーでフレッシュなカラー(エトヴォス公式ウェブサイトより)

エトヴォスとは、言わずと知れた日本のミネラルコスメブランド。

高保湿の下地やスキンケアアイテムも人気ですが、最近は数量限定のポイントメイクアイテムがアツいなあと思って注目している。その時の空気感やトレンドをつかんだ色出しが上手い。例えば2020秋コスメの数量限定アイパレット、ヴィンテージグリッターとか。

で、2021春限定も当然のように可愛すぎる。心をわしづかみにされた。

これ!見てください、この色、この輝き。

画像は公式サイトよりお借りしました。

この1年、生活が大きく変わって、辛いことも悲しいこともたくさんあったけれど、それでも草は芽吹き花は咲く、新しい季節がやってくるんだ。そう思わせてくれるコスメたち。

これほど心を動かしてくるとは…即予約しました。

全成分はこちら。

ミネラルマルチパウダー・エアリーモーブ:マイカ、スクワラン、ヒマワリ種子油、シリカ、アルガニアスピノサ核油、スクレロカリアビレア種子油、ヤシ油、ポリクオタニウム-61、アロエベラ葉エキス、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、(+/-)グンジョウ、酸化チタン、酸化鉄、ジミリスチン酸Al、水酸化Al、カルミン (エトヴォス公式ウェブサイトより)

ミネラルアイバーム・アクアシトラス:ステアロイルオキシステアリン酸オクチルドデシル、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、コハク酸ジヘプチル、シリカ、キャンデリラロウ、トリベヘニン、オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-61、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒマワリ種子油不けん化物、ヒマワリ種子油、クロフサスグリ種子油、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、フウセンカズラ花/葉/つるエキス、ローズマリー葉エキス、トコフェロール、グルコマンナン、ラウロイルリシン、オクチルドデカノール、トリヒドロキシステアリン、パルミチン酸エチルヘキシル、カプリル酸グリセリル、トリ(ベヘン酸/イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル、(カプリロイルグリセリン/セバシン酸)コポリマー、(+/-)酸化チタン、酸化鉄、マイカ (エトヴォス公式ウェブサイトより)

外観

透明なパッケージ。たぶんアクリル製。この2つは同じケースですね。

背景のクリアファイルは購入時にいただいたものです。

蓋オープン。ぱかっ。

美しい…。(ため息)

腕にスウォッチ

早速腕に塗って色味を見てみましょう!

指塗りで、分かりやすいよう何度も重ね塗りしています。

はあ…綺麗。

ああ、春が来るんだなあ…と感慨にふけってしまいました。これを書いてる今日は雪降ったけどな。

気持ちがぱああっと明るくなる色です。春コスメは明るい華やかな色味が多いですが、エアリーモーブとアクアシトラスは草花や水を連想させる色だからか、開放的な気分になれる。

この時点ですでに「買ってよかった…」と満足した。

エアリーモーブとアクアベージュ、それぞれの色や質感を見ていきましょう。

エアリーモーブ

ふんわりと繊細な粉で肌に溶け込むように発色するミネラルマルチパウダー。粉質が大好き。

既存色リネンベージュとエアリーモーブを比較。

どちらも繊細な粉質のパウダーですが、リネンベージュの方がパールのツヤがきらめき、エアリーモーブはマットな雰囲気で肌によく馴染みます。

拡大画像はこちら。フラッシュ有りで撮影したので、パールの色や大きさがよく分かります。

左がリネンベージュ、右がエアリーモーブ。

左のリネンベージュの方がパールが大きいエアリーモーブは(わたしの写真技術の問題もあるけど)パールが入っているけど小さく、数が少なめ

わたしはどっちも好きです。エアリーモーブの華やかなピンクなら、パールを控えめにしてバランスを取ることで使いやすくなるのかなーとも思ったり。

今度はブランドの枠を超えて色比較。

左上から時計回りに

  • セルヴォーク、カムフィークリームブラッシュ、05オーキッドパープル
  • MiMC、ビオモイスチュアチーク、07インスピレーション
  • エトヴォス、ミネラルマルチパウダー、エアリーモーブ

セルヴォークは過去記事で書いています。

セルヴォークのチークは「パープル」と名乗るだけあって青みの強い色。頬の上ではポワンとピンクになるけど、腕では「ピンク寄りのパープル」と感じる。属性はあくまでもパープル。

MiMCはピンク色ですね。MiMC公式サイトでは「ラベンダーニュアンスの青みピンク」と紹介されている。公式の言う通り「青み寄りのピンク」に見える。属性ピンクの子です。

エアリーモーブはセルヴォークのパープルチークとMiMCのチークの中間の色です。セルヴォークとMiMCはクリアな色なのに対して、エアリーモーブはちょっぴりくすみも入っているかな?

エアリーモーブの属性はピンク?パープル?と聞かれると非常に答えが難しい。ピンクっちゃピンクだし、パープルと言えばパープル。属性「ラベンダー」と逃げを打っておきます。

ちなみにエトヴォス公式は「モーブカラー」と名乗っている。

アクアシトラス

ミネラルアイバーム・アクアシトラスは色違いのアッシュグレイを持っているので比較。

バームなのでツヤ感がすごい。そのうえパールでキラキラ。

アップでフラッシュ有りで撮影。

左がアッシュグレイ、右がアクアシトラス。

アッシュグレイにはゴールドやコッパー系のパールがぎっしり入っている。アクアシトラスはピンクやブルー、イエローなどさまざまな色のパールが煌めいている。

もう1枚。上がフラッシュ有り、下がフラッシュ無しです。

フラッシュ無しでもキラキラの違いをお分かりいただけるだろうか。

グレーとグリーンのそれぞれが使いやすくなるよう、パールの色や量を調整しているのかな。グレーは肌なじみがよくなるようゴールド系のパールをたっぷり入れて。アクアシトラスはグリーンでもどんなアイシャドウにも合うよう、いろんな色のキラキラを散りばめて、でも

エトヴォスのコスメはいい意味で控えめで誰にでも使いやすいイメージがあるのですが、ミネラルアイバームの色とパールの調整にエトヴォスらしさを感じました。

メイクしてみた

目に塗った様子も紹介。

目元のどアップが出てくるので苦手な方はご注意ください。

ちなみにわたしのまぶたスペックはというと、生まれつきゴリゴリの一重ですがだんだん二重線らしきものが出現してきた20代後半です。まぶたにシワが入ったからと言って二重のように目がぱっちり見えるなどの恩恵は現状ゼロなので、一重のアイデンティティを保持しています。

エアリーモーブ

単色でグラデを作ってみた。

すごく綺麗に仕上がった。

はっきりとしたモーブカラーだけど、肌から浮かずに顔にばっちり馴染んだ(当方はパーソナルカラー自己診断夏秋のくすみ必要人間です)。

粉質のおかげもあってこんなに馴染みがいいんだろうな。

この商品はマルチコスメでチークやリップ、眉に使うのもいい。これ一つで手軽にポイントメイクを完成できます。

馴染みよく薄づきにも調整できるので、指塗りでもいけます。アイシャドウだけでなくチークも指塗り可能。これって地味にすごいと思う。パウダータイプのチークでブラシを使わずに済ませられるなんて。

アクアシトラス

上まぶたにがっつり塗って、下まぶたにもちょんちょんと。

塗る量が分からなくなり混乱してしまった。

単色でも可愛いけど、別の色と重ねるのに向いていそう。下地にも仕上げにも使えそう。

どんな色のアイシャドウに重ねても素敵だろうなー。自分の得意な色や好きな色をニュアンスチェンジできます。いつもと少し気分を変えたい時にぴったり。

エアリーモーブ×アクアシトラス

エアリーモーブを上まぶたにブラシでグラデ塗り、アクアシトラスを上まぶた中央と下瞼に指でポンポン乗せました。

ふんわりグラデにツヤ感がかわいいいい!

写真では伝わりづらいですが、実物はとっっっても可愛いです。

それぞれ単色でも可愛かったけど、両方使うと破壊力が増す。

パール控えめのエアリーモーブ×キラキラのアクアシトラスという組み合わせは、お互いの良さを引き立て合って相性がいいですね。

パーソナルカラー不問で使えそう

どちらの色もパーソナルカラー(PC)にこだわらず使えそう。

エアリーモーブはPC理論的にはブルベ向けの色だけど、ブラシで薄づきにできるし肌に溶け込むような発色なので、どんな肌色でも馴染ませやすいと思う。

アクアシトラスも青みカラーだけど、ニュアンス程度の発色なので重ねるアイシャドウ次第で使いこなせるだろうし、チークや頬に自分の得意な色を持ってくればバランスが取れると思う。

パーソナルカラーの知識が広がったからこそ、パーソナルカラー問わず使えるよう各社が工夫していると感じる。一消費者として嬉しいです。

使い込むうちに新たな発見があれば追記します。

追記:しばらく使った感想

エアリーモーブ
  • 締め色がわりにまぶたのキワ数ミリに塗ることが多い。他のピンク系アイシャドウと合わせて春のピンクメイクをする時に
  • 同系色のチークの上からブラシでふわっと重ねるのが好き。自然な透明感が出せる
アクアシトラス
  • いつものアイメイクの仕上げに乗せるだけでニュアンスが変わって便利。
  • 合わせるアイシャドウの色を問わない。
  • バームのツヤ感と青ラメを足せるアイシャドウで石けんオフ可能なのは唯一無二。

両方とも大活躍しています。

エアリーモーブは買う前から絶対ヘビロテすると分かっていた。しかしアクアシトラス、君は想像以上の働きを見せてくれている。

どんなメイクでも仕上げにアクアシトラスを塗りたくなる。ミネラルアイバームはそう簡単に使い切れるものでもないのに、ストック買いしようか真剣に悩んでいます

頼むから定番化してくれ。アクアシトラスもエアリーモーブも。どうかお願いします。

使用感

ミネラルマルチパウダーとミネラルアイバーム、いずれも既存品を持っています。

ミネラルアイバーム・アッシュグレイについては単独記事を書いていませんが、下の記事のスウォッチ比較で登場します。

しかし、どちらも既存品と質感が少し違うような?気がする。進化を感じる

ミネラルマルチパウダー

既存品のリネンベージュも新色のエアリーモーブも、粉の粒子が細かいんです。

細かい粒子のおかげなのかパサつかないし、内側からじんわり染まったような発色になる。

それに加えて、エアリーモーブは粉がしっとり柔らかい気がする。

というのも、リネンベージュは唇を合わせた時のザラザラ感が気になってリップ使いできないんですよ。下地のバームをたっぷり塗ってもだめ。リップ使いしている方は多いようなので、単にわたしの唇が過敏すぎるだけだと思う。パウダーをリップ使いなんて他のコスメではやらないので、特段気にしてはいなかったのですが。

しかしエアリーモーブはリップに塗っても平気。そりゃまあ、普通のリップスティックのような滑らかさはないし(当たり前)粉っぽさは感知するけど、全然問題ない。

リネンベージュは開封して時間が経っていたりパールが多かったりするので、粉質自体は一緒なのかもしれませんが。

リネンベージュでも好きだった使用感を、エアリーモーブはさらに上回ってきた。そりゃ好きになるよエトヴォス。

ミネラルアイバーム

アクアシトラスもアッシュグレイも、オイルのうるおいたっぷりなのは同じ

既存色のアッシュグレイはとにかく柔らかい。ナチュラル系のクリームアイシャドウで手持ちの中では1番柔らかいと思います。

柔らかいからこそ、まぶたを擦らずに塗れる反面、ヨレやすいのは事実。口コミを読んでいると、二重まぶたの方から「二重線に入りやすい」というコメントがちらほら。

しかしアクアシトラスは薄づきで、ヨレにくいのでは?と感じる

アクアシトラスとアッシュグレイを並べた様子。

左側のアクアシトラスは表面がつるんと平ら。これでもスウォッチのために何度も指でたっぷり取っています。開けたてにしてはかなり使っている。

右側のアッシュグレイは真ん中にくぼみ。テクスチャーが柔らかいからです。アクアシトラスには存在しないくぼみができている。

今度は指に取った様子。

アクアシトラスは指先でも薄づき。アイバーム表面を何度もなでてもこの薄づき具合。指紋が分かる程度。

アッシュグレイはがっつり指先に乗っている。バーム表面からごっそり取れて、指紋も隠れるくらい。そりゃくぼみもできるわ。

アクアシトラスは重ねづけして使ってほしいからか、口コミを元に改良したのか。アッシュグレイ以外の既存色は持っていないし真相は分かりませんが、アッシュグレイとアクアシトラスの質感が異なるのは事実。

エトヴォスのアイバームを使ったことがあるけど二重線に溜まりやすくて諦めた…という人も、アクアシトラスなら結果が違うかもしれない。速乾性はないのでキツイかなあ?どうなんだろうか。

当方は一重で二重の知識皆無なので、有識者の方々(二重線保持者)の意見を調べてほしい。現物を見て買うのがベストだけど自粛が始まったし…なかなか難しいですね。

とりあえず主張したいのは、アッシュグレイとは質感がちがうよってことです。

まとめ

  • エアリーモーブはふんわり柔らかマット系
  • アクアシトラスは薄づきでオイルのうるおいたっぷり
  • パーソナルカラー関係なく似合いそう
  • 2つを重ねるとさらに可愛い

これ2色とも定番化した方がいいんじゃない?!限定なのはもったいないよ。

ミネラルマルチパウダーとアイバームだけ予約していたけれど、後から「アイシャドウパレットも可愛すぎない…?」となって発売日にポチったので、別記事を書いてレポしますね。

追記:書きました。

春コスメも手に入れたことだし、来たる春に向けて気分を高めていきます。

追記:夏が目前まで迫った今も、ガンガン使っています。可愛い。

関連記事

2021夏限定のアイバームも買いました。

リネンベージュもお気に入り。眉の仕上げに使いがち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA